美容内服・注射の成分・副作用

美容内服・注射を扱うクリニックはたくさんありますが、どのホームページを見ても良いことはいっぱい書いてありますが、起こりうる副作用が書いてなかったり、1日分に含まれる成分量や必要な成分量を明示してあるところは少ないですよね。

 

当院のセットは効果と副作用のバランスを考えた上で、継続しやすい1日2回服用にしてあります。下記の表のように2回でも十分な量が摂取できるようになっています。また1日3回だと昼に飲み忘れる方が多く、飲み忘れたことがマイナスイメージを与え、継続するのが困難になります。

ビタミン類

  • ​ビタミンB1、B2、B12は多量に投与しても、必要量を超えるとほとんどが尿中へ排泄されます。そのため副作用を認めることはありませんが、効果が増えることもありません。

  • ビタミンB6は多量(数g/日を数か月間)に摂取すると感覚神経障害があり、耐用上限量(それ以上摂取すれば副作用がゼロではない)が60mgとされています。しかし実際には100~300mgを4か月摂取しても感覚神経障害が出てないことも分かっています。

  • ビタミンCも同様に尿中へ排泄されますが、尿路結石のリスクが高くなり、吐き気、下痢、腹痛などがでます。耐用上限量ではありませんが、1g/日以上の摂取は推奨されていません。

  • ビタミンEは低出生体重児に補充投与した場合、出血傾向が上昇することがあります。しかし健康な成人男性が800mg/日を28日間摂取しても異常は認められませんでした。したがって現在のところ健康障害非発現量は800mg/日とされています。

ビタミン類以外

  • L-システインは大量に摂取するとインスリンの分泌が抑制され、糖尿病を発症・悪化させる可能性があります。

  • グルタチオン

  • トラネキサム酸

内服の成分
注射の成分

1回の注射・点滴で、1日の最大量が摂取できるようになっています。

9:00 am - 12:00 am    Monday -  Saturday
4:00 pm - 7:00 pm      Mon Tue Wed Fri
Sunday, Holiday          Closed

075-981-0282

migihashi clinic

© 2023 Medical Clinic. Proudly created with Wix.com